ログアウト
 
 

トップ > こころと健康 > いのちの仕舞い ―四万十のゲリラ医者走るー

いのちの仕舞い ―四万十のゲリラ医者走るー

著者:小笠原望

おがさわらのぞみ

本のサイズ:四六判/ソフトカバー

発行日:2011/1/1

ISBNコード:978-4-394-90280-5

価格:1,404 円(税込)

カートに入れるかごに入れる
お問い合わせお気に入りリスト

書籍について

“ひとのいのちも自然のなかのもの”を診療の中心に、在宅医療・自宅での看取りを手助けするゲリラ医者の姿。「いい仕舞いでよかったです」と言える家族の言葉には現在の終末医療に一石を投じる姿がある。

目次 本文より

著者紹介

小笠原望
1951年 高知県土佐市生まれ。
1976年 弘前大学医学部卒業、同年徳島大学第一内科入局
1977年 赤松赤十字病院内科勤務
1988年  〃        神経内科部長
1997年 大野内科(四万十市)副院長
2000年  〃           院長
四万十のゲリラ医者 として地域医療に従事、活動中

著書『いのちばんざい』(高知新聞社刊)など。

 

レビュー

入力された顧客評価がありません

この本を読んだ人にオススメ

 

レビューを投稿する

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません
カートに入れるかごに入れる
お問い合わせお気に入りリスト