ログアウト
 
 
お知らせ
2022/05/12【販売開始】『近松半二 奇才の浄瑠璃作者』

内容紹介

「妹背⼭婦⼥庭訓」、「本朝廿四孝」、「奥州安達原」、「伊賀越道中双六」、「新版歌祭⽂」など、現在の文楽、歌舞伎の舞台でも数多く上演される名作の数々を残した浄瑠璃作者・近松半⼆(1725〜1783)。近年は舞台での上演だけでなく、その生涯が小説として描かれるなど、改めて注目が集まっている。その生涯をたどりつつ、いまなお観客を魅了する作品世界の神髄に迫る。 松井今朝子さんの寄稿、豊竹呂太夫さんと大島真寿美さんの対談も掲載!


▶詳細を見る

アクセス : 34

【販売開始】『春夏秋冬 恋よこい』

お知らせ一覧