ログアウト
 
 

トップ > 文芸書 > みすゞびより〜金子みすゞ詩集〜

みすゞびより〜金子みすゞ詩集〜

みすゞびより〜金子みすゞ詩集〜

著者:金子みすゞ

みすゞびより かねこみすゞししゅう
かねこみすゞ

本のサイズ:B7判変型/上製

発行日:2006/5/1

ISBNコード:978-4-394-90240-9

価格:1,296 円(税込)

カートに入れるかごに入れる
お問い合わせお気に入りリスト

書籍について

大空に広がるような夢や希望が感じられる詩を集めました。足ぶみ/四月/金米糖の夢/空と海/忙しい空/花のたましい/お日さん、雨さん/不思議/麦藁編む子の唄/木の葉のボート/大きなお風呂/海へ/行商隊/昼の月/楊とつばめ/御本と海/海のお宮-おはなしのうたの四-/海の果/灯籠ながし/もくせい/竹とんぼ/いいこと/うらない/キネマの街/紋付き/さよなら/水と風と子供/大きな文字/手帳/色紙/帆/木/灰/夢売り/星とたんぽぽ/このみち/厳選36収録。

目次 本文より


 

著者紹介

金子みすゞ
明治36年山口県生まれ。大正末期より雑誌「童話」「赤い鳥」等に詩を発表。西条八十に詩の才能を高く評価されるが、昭和5年、26歳で自ら命を閉じる。大正末期から昭和初期にかけて、26歳の若さでこの世を去るまでに500余編もの詩を綴ったとされる。 近年、埋もれていた遺稿が発見され、全集等々が出版、「みすゞブーム」がおこる。

 

レビュー

入力された顧客評価がありません
 

レビューを投稿する

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません
カートに入れるかごに入れる
お問い合わせお気に入りリスト