ログアウト
 
 

トップ > 画集/詩画集/大型本/写真集 > 安吾のいる風景

安吾のいる風景

安吾のいる風景

著者:坂口綱男

あんごのいるふうけい
さかぐちつなお

本のサイズ:A5判

発行日:2006/7/20

ISBNコード:978-4-394-90241-6

価格:1,620 円(税込)

カートに入れるかごに入れる
お問い合わせお気に入りリスト

書籍について

無頼派作家・坂口安吾を父に持つ坂口綱男が、父の彷徨の足跡を辿るフォト・エッセイ。坂口安吾とゆかりのある場所を訪ね、そこで父が何を想ったのかを推測し、そのイメージを写真として収録しています。名作「桜の森の満開の下」も収録しています。

目次 本文より

著者紹介

坂口綱男
1953年8月、群馬県桐生市に作家坂口安吾の長男として生まれる。1978年よりフリーのカメラマンとして広告、雑誌の写真を撮る。1982年、「安吾のいる風景」(写真と短いエッセイ)を新潟日報夕刊に連載。1995心象風景の写真集「Le temps arrete」を発表、同時に文芸誌に長編エッセイ等を連載するようになる。現在、写真を主に文筆、講演、パソコンによるデジタルグラフィック・ワーク等の仕事をする。グラフィック講座なども行っている。息子のスタンスから作家 「坂口安吾」についての講演なども行っている。同時に、写真と文で綴った「安吾のいる風景」写真展等も各地で開催。2006年坂口安吾の遺品を新潟市に寄贈し、デジタルミュージアムを立ち上げた。

 

レビュー

入力された顧客評価がありません
 

レビューを投稿する

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません
カートに入れるかごに入れる
お問い合わせお気に入りリスト