ログアウト
 
 

トップ > 俳句/詩歌 > 生きる力。【山頭火のコトバから】

生きる力。【山頭火のコトバから】

生きる力。【山頭火のコトバから】

著者:種田山頭火、山頭火ふるさと館(編集)

いきるちから さんとうかのことばから
たねださんとうか さんとうかふるさとかん(へん)

本のサイズ:四六判/並製

発行日:2018/11/25

ISBNコード:978-4-394-90344-4

価格:1,512 円(税込)

  • 会員登録ですぐに5%OFF!(予約商品を除く)
  • 1,500円以上のお買い上げは送料無料!
  • Amazon Payが利用可能(予約商品を除く)
カートに入れるかごに入れる

書籍について

山頭火は私たちに何を遺したか。時空を超えて、あらためて山頭火という人を捉えたとき、彼が残してくれた確かなものが一筋の光となって見えてくる。困難にぶつかり、くじけそうになった時、孤独でさみしい時、つらい時、悲しい時、生きていくことが虚しいと思った時。 山頭火の句は、心にぽっと灯りをともしてくれる。

目次 本文より

5つのテーマごとに山頭火の句と日記を集めたアンソロジー

1. 一人自分を見つめる
2. 水の如く生きる
3. 「死」をうたい「生」へ歩む
4. 自然とともに暮らす
5. ふるさとを想う

著者紹介

種田山頭火
1882年~1940年俳人。山口県防府市に大地主の長男として生まれる。
9歳のとき、母が自殺。早大文学科中退。家業の酒造業を営むが破産、家は没落。
43歳で出家得度する。行乞放浪の生活を記録した膨大な日記、12000句以上の俳句を遺す。
松山市・「一草庵」にて泥酔のまま58歳で亡くなる。


山頭火ふるさと館【編集】
「山頭火をうたい、山頭火にしたしみ、山頭火をつたえる」をテーマに、
山頭火のふるさとである山口県防府市にある種田山頭火の記念館。
山頭火に関するパネル展示や、市民ギャラリーでの市民の方による文芸活動の展示、防府市ゆかりの文芸家のパネル展示、
句会資料や種田酒造場の遺品、生前に発行した七句集などの展示により、山頭火の生涯を紹介している。
企画展では、山頭火やその周辺の俳人の直筆作品も公開しており、
自由律俳句の拠点として、人々の交流の場や、山頭火とそのふるさと防府に関する様々な情報も提供している。
http://hofu-santoka.jp/
 

 

レビュー

入力された顧客評価がありません
 

レビューを投稿する

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません