ログアウト
 
 

トップ > 文芸書 > 句と絵で綴る 余白の時間

句と絵で綴る 余白の時間

句と絵で綴る 余白の時間

著者:松本白鸚

本のサイズ:四六判/上製

発行日:

ISBNコード:978-4-394-90360-4

価格:2,376 円(税込)

【予約商品】2019年10月上旬頃発売予定。(発売時期は変更となる場合があります)

【予約商品についての注意点】 ■対応決済方法はクレジットカード決済、代引のみとなります。 ■各会員グループ割引が適用されません。 ■価格が変更となる場合があり、販売開始時の本体価格での決済となります。

  • 会員登録ですぐに5%OFF!(予約商品を除く)
  • 1,500円以上のお買い上げは送料無料!
  • Amazon Payが利用可能(予約商品を除く)
カートに入れるかごに入れる

電子版のご案内

商品について

ほとんど無趣味に近い僕だが、句を詠んだり、
気ままに絵や字を書いたりするのが好きで、
妻によれば「そんな時が一番楽しそうに見える」という。(本文より)

日本を代表する役者、松本白鸚
忙しい日々のなかで、何を感じ想ってきたのか
句とエッセイ、直筆の書画を通して、役者の「余白の時間」を垣間見る

目次 本文より

<折々の句と画>
・舞台によせて
・旅の思い出 
・四季のうつろひ 
・愛しき人へ
・白鸚として

<エッセイ>
・帰りの切符
・今年こその「第九」
・「ホテル西洋」の思い出
・歌舞伎の紙
・「忠臣蔵」と映像
・私にとっての演劇 
・助左の茶壷
・ドン・キホーテの日々 大人のお伽話を生きて
・楽屋のにほひ
・戦国時代最強の武将は誰だ
・憧れのバレエ「ドン・キホーテ」
・歌舞伎の椅子、楽屋の椅子
・もうひとつのオペラ「アマデウス」

<九代幸四郎対談>
・俳句と歌舞伎 金子兜太×九代幸四郎
・美と悪の華   千住博×九代幸四郎

<あとがきにかえて>
 「いま、この時を生きる」

著者紹介

松本白鸚

 

レビュー

入力された顧客評価がありません

この商品に興味がある人におすすめ

 

レビューを投稿する

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません