ログアウト
 
 

トップ > 著者名から選ぶ > か行 > 木口直子 > 芥川龍之介 家族のことば

芥川龍之介 家族のことば

芥川龍之介 家族のことば

著者:木口直子

本のサイズ:四六判/上製

発行日:2019/10/1

ISBNコード:978-4-394-90361-1

価格:1,980 円(税込)

  • 会員登録ですぐに5%OFF!(予約商品を除く)
  • 1,500円以上のお買い上げは送料無料!
  • Amazon Payが利用可能(予約商品を除く)
カートに入れるかごに入れる

電子版のご案内

商品について

芥川龍之介、その素顔とは―
芥川作品を理解する一助となるよう、作品そのものから離れ、
本人が書き残した書簡や記述に、家族による記録をまとめた一冊。
「家族」という側面から、夫として、また父親としての芥川の素顔にせまる。

家族が間近で見た様子を辿っていくと、そこにはよく悩み、よく笑い、よくしゃべる、
ひとりの人間・芥川龍之介の姿が浮び上ってくる―

目次 本文より

はじめに
芥川家系図
其の一 幼少期―生家と養家
其の二 青年期―夏目漱石との出会い
其の三 結 婚―“小鳥ノヤウニ幸福デス”
其の四 父になる―三人の息子たち
其の五 関東大震災―それぞれの証言
其の六 不 穏―“多事、多難、多憂”
其の七 死に行く日々―“彼を滅しに来る運命を待つ”
其の八 遺 書
其の九 その後―家族の記録
芥川龍之介年譜
引用文献一覧

著者紹介

木口直子編
1982年東京都生まれ。北区文化振興財団 田端文士村記念館研究員。
早稲田大学卒業後、一般企業に勤務ののち2012年より現職。
2015年同館リニューアルに際し「芥川龍之介 田端の家復元模型」の制作監修、
また芥川没後90年にあたる2017年より河童忌イベントを企画。
芥川をはじめとする田端ゆかりの文士芸術家について研究し、企画展や講師を担当。

 

レビュー

入力された顧客評価がありません

この商品に興味がある人におすすめ

 

レビューを投稿する

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません