ログアウト
 
 

トップ > 著者名から選ぶ > か行 > 桑原茂夫 > 西瓜とゲートル -オノレを失った男とオノレをつらぬいた女-

西瓜とゲートル -オノレを失った男とオノレをつらぬいた女-

西瓜とゲートル -オノレを失った男とオノレをつらぬいた女-

著者:桑原茂夫

本のサイズ:四六判

発行日:2020/8/17

ISBN:978-4-394-90373-4

価格:2,200 円(税込)


【予約商品】2020年8月下旬頃発売予定(発売時期は変更となる場合があります)

【予約商品についての注意点】 ■対応決済方法はクレジットカード決済、代引のみとなります。 ■各会員グループ割引が適用されません。 ■価格が変更となる場合があり、販売開始時の本体価格での決済となります。

  • 【キャンペーン】1回でのご購入金額¥5,000(税込)以上で『乱歩の日本語』クリアファイルをプレゼント!!
  • 会員登録ですぐに5%OFF!お買い上げの履歴により最大10%OFF(予約商品を除く)
  • 1,500円以上のお買い上げは送料無料!
  • Amazon Payが利用可能(予約商品を除く)
カートに入れるかごに入れる

電子版のご案内

商品について

【キャンペーン実施中】
『乱歩の日本語』刊行記念キャンペーン第2弾!!



◎当サイトで1回でのご購入金額が¥5,000(税込み)以上のお客様にもれなく『乱歩の日本語』クリアファイルをプレゼント!
 ※先着50名様
 ※無くなり次第終了となりますのでご了承ください。



母の遺品の小さなメモ帳…。父に赤紙が届いた日から、東京が火の海になるその日までの走り書きのような日記。 その中にはもがくように必死に生き抜く母がいた。 一方、「よくぞご無事で」復員した父は、どこか「以前のオトーサン」ではなく、何かを南の島に忘れてきたようだった。 家族の記憶から新たに取材、調査も加え、ぜったいに書いておかなければならないと、著者がハラをくくって世に問う、新しい「戦争」ドキュメント!

桑原氏の個人誌「月あかり」連載の書籍化。

目次 本文より

著者紹介

桑原茂夫

 

レビュー

入力された顧客評価がありません

この商品に興味がある人におすすめ

 

レビューを投稿する

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません