ログアウト
 
 

トップ > 文芸書 > 芥川賞候補傑作選 平成編 1989-1995

芥川賞候補傑作選 平成編 1989-1995

芥川賞候補傑作選 平成編 1989-1995

著者:鵜飼哲夫(編集)

本のサイズ:B6版/上製

発行日:

ISBN:978-4-394-19006-6

価格:1,980 円(税込)


【予約商品】2020年10月下旬頃発売予定(発売時期は変更となる場合があります)

【予約商品についての注意点】 ■対応決済方法はクレジットカード決済、代引のみとなります。 ■各会員グループ割引が適用されません。 ■価格が変更となる場合があり、販売開始時の本体価格での決済となります。

  • 会員登録ですぐに5%OFF!お買い上げの履歴により最大10%OFF(予約商品を除く)
  • 1,500円以上のお買い上げは送料無料!
  • Amazon Payが利用可能(予約商品を除く)
カートに入れるかごに入れる

電子版のご案内

商品について

昭和から平成へ――
急変する時代を描いた新鋭作家たちの名短編

昭和の文豪がスカウトした平成の新人作家たち。
平成元年の第101回から第113回までの芥川賞候補作のなかから、「いま読んでも面白い作品」全9篇を厳選。人気作家の初期作品、これまで書籍化されたことのない作品など、知られざる傑作を掲載。直木賞作家・車谷長吉の芥川賞候補作と、その落選の苦悩と恨み辛みを描いた「変」も特別掲載。

目次 本文より

<収録作品>
河林満「渇水」(第 103 回)
稲葉真弓「琥珀の町」(第104 回)
多田尋子「毀れた絵具箱」(第106 回)
野中柊「アンダーソン家のヨメ」(第 107 回)
村上政彦「量子のベルカント」(第107 回)
小浜清志「後生橋」(第111 回)
内田春菊「キオミ」(第112 回)
車谷長吉「漂流物」(第113 回)
車谷長吉「変」(特別掲載)

著者紹介

鵜飼哲夫(ウカイテツオ)
編集、解説
1959年、名古屋市生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。83年、読売新聞社に入社。91年から文化部記者として文芸を主に担当する。書評面デスクを経て、2013年から編集委員。主な著書に、『芥川賞の謎を解く 全選評完全読破』(文春新書、2015年)、『三つの空白 太宰治の誕生』(白水社、2018年)がある。

 

レビュー

入力された顧客評価がありません
 

レビューを投稿する

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません