ログアウト
 
 

トップ > 著者名から選ぶ > な行 > きもの解体新書 日本文化から学ぶ、多くのこと

きもの解体新書 日本文化から学ぶ、多くのこと

きもの解体新書 日本文化から学ぶ、多くのこと

著者:中谷比佐子

本のサイズ:四六判

発行日:2020/10/17

ISBN:978-4-394-99005-5

価格:1,980 円(税込)


  • 会員登録ですぐに5%OFF!お買い上げの履歴により最大10%OFF(予約商品を除く)
  • 1,500円以上のお買い上げは送料無料!
  • Amazon Payが利用可能(予約商品を除く)
カートに入れるかごに入れる

電子版のご案内

商品について

きもの文化研究家がいま伝えたい、きものの楽しみ

きものを知ることで見える日本の姿
「素材」「身体」「名称」「作法」「経済」
日本人が育んだ技術と教養が詰まっている。

-------------------------------------------------
きものを着るだけで、学んだことのなんと多いこと。

色の組み合わせを自然から学び、 仕立てから循環思想を、 素材から蚕の生態と医療の効能、神事を、 着ることで自分自身の骨や筋肉、身体の動きを、 着物を購入することで流通を学ぶ。 日本のあらゆる文化経済、歴史まで教わりました。

一つひとつの着物の宝を解体してお届けしよう、 というのがこの本の趣旨です。

目次 本文より

第1章 全てのきものは「素材」が大切
第2章「身体」を知り自由に楽しむ
第3章 きものの正しい「名称」を覚える
第4章「作法」で美しい振る舞いを
第5章 きものは「経済」を教えてくれる

著者紹介

中谷比佐子(なかたに・ひさこ)(著/文)
きもの文化研究家、きものエッセイスト、きものジャーナリストとして活躍。大分県出身。共立女子大学文芸部卒業。女性誌の編集記者を経て「秋櫻舎」を設立。きもの季刊誌『きもの秋櫻』を発行。「きものが私をどう変えるか」というきっかけからきものを着続けて五十五年。きものを切り口に日本の文化、日本人の考え方の基本、美意識を学び伝承している。農林水産省蚕糸業振興審議会委員として、国産シルクブランドの開発に携わる。平成二十五年「蚕糸功績賞」を財団法人大日本蚕糸会、正仁親王より拝受。『きものサロン』などのきもの雑誌の企画・監修、執筆。「きものという農業」「麁服と繪服」など著者多数。

 

レビュー

入力された顧客評価がありません

この商品に興味がある人におすすめ

 

レビューを投稿する

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません