ログアウト
 
 

トップ > 著者名から選ぶ > た行 > 谷崎潤一郎 > 人魚の嘆き・魔術師

人魚の嘆き・魔術師

人魚の嘆き・魔術師 人魚の嘆き・魔術師
人魚の嘆き・魔術師 人魚の嘆き・魔術師
拡大画像

人魚の嘆き・魔術師

著者:谷崎潤一郎

本のサイズ:B5判/100ページ

発行日:

ISBN:978-4-394-90390-1

価格:3,960 円(税込)


【予約商品】2020年12月上旬頃発売予定(発売時期は変更となる場合があります)

【予約商品についての注意点】 ■対応決済方法はクレジットカード決済、代引のみとなります。 ■各会員グループ割引が適用されません。 ■価格が変更となる場合があり、販売開始時の本体価格での決済となります。

  • 会員登録ですぐに5%OFF!お買い上げの履歴により最大10%OFF(予約商品を除く)
  • 1,500円以上のお買い上げは送料無料!
  • Amazon Payが利用可能(予約商品を除く)
カートに入れるかごに入れる

電子版のご案内

商品について

大正八年八月に春陽堂から水島爾保布の装画二十点余りに飾られ、大型本として刊行、 乱歩や横溝が心酔した谷崎の初期小説二編が百年の時を経て豪華装丁で完全復刻!

目次 本文より

著者紹介

谷崎潤一郎(タニザキジュンイチロウ)(著/文)
谷崎潤一郎(たにざきじゅんいちろう)。日本の近代文学を代表する文豪。初期の耽美主義、悪魔主義から『痴人の愛』『春琴抄』『細雪』など時代ごとに風俗などのテーマを扱う通俗性と、文体、形式における芸術性を高いレベルで融和させ、「大谷崎(おおたにざき)」と称された。

水島爾保布(みずしまにおう)
日本画家、小説家、漫画家、随筆家。本名は爾保有。東京美術学校(現・東京芸術大学美術学部)日本画科卒業。長谷川如是閑に招かれ『大阪朝日新聞』にて、挿絵を描き始める。

 

レビュー

入力された顧客評価がありません
 

レビューを投稿する

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません