ログアウト
 
 

トップ > 著者名から選ぶ > さ行 > 茂山千五郎 > 千五郎の勝手に狂言解体新書

千五郎の勝手に狂言解体新書

千五郎の勝手に狂言解体新書

著者:茂山千五郎

本のサイズ:A5判/並製 240ページ

発行日:

ISBN:978-4-394-90396-3

価格:2,750 円(税込)


  • 会員登録ですぐに5%OFF!お買い上げの履歴により最大10%OFF(予約商品を除く)
  • 1,500円以上のお買い上げは送料無料!
  • Amazon Payが利用可能(予約商品を除く)
カートに入れるかごに入れる

電子版のご案内

商品について

茂山千五郎家ファンクラブ会報誌「OTOFU TSUSHIN]の連載「茂山千五郎の勝手に狂言解体新書」再編! 京都で江戸時代から続く狂言大蔵流の名跡であり 茂山千五郎家の当主が解説する狂言のいろは!


■はじめに 茂山千五郎

この『千五郎の勝手に狂言解体新書』を書くきっかけは、私どものファンクラブ「クラブSOJA」の会報誌「お豆腐通信」の連載です。 この会報誌は完全に役者の手作りです。狂言会の宣伝はもとより、その会への意気込みや役者の日常的な考えなどをテーマに書いていました。

以前は選抜した役者に記事を書いてもらっていましたが、千之丞(当時・童司)編集長の時に「役者全員が必ず記事を書くように!」とのお達しがあり、半強制的に連載ものを書かされるようになりました。 折角ならば素顔が垣間見られるような記事が良かろうと思い、趣味のゴルフを絡めた「目指せシングル……もとい百切り」を連載し始めました。

しかし、なかなかゴルフは上達しない。また「お豆腐通信」は年二回の発行なので、半年分のゴルフのラウンドの内容を書いてもさほど面白くもなく、どうしたものかと思っていると、大事件がおきました。なんと車上荒らしにあって、ゴルフバッグを取られてしまったのです。さすがに凹んで、練習にもコースにも行かなくなってしまいました。 このままでは連載も続けられない。どうしようかと悩んだ末に「やっぱり狂言を題材に連載した方が、会員さんにも楽しんでもらえるだろう。しかし、よくある解説書では面白くない。完全に私的な目線での解説書にしよう」と思いついたのが『千五郎の勝手に狂言解体新書』です。

この本に書いてあることが正しいかどうかは分かりません。百パーセント私の考えです。狂言師茂山千五郎が一曲をどのように考え、どのように捉えて演じているかを紹介していきます。ほかの役者や、千五郎家の役者も同じ考え方ではないかもしれません。 私自身も数年後には、全く違う解釈で演じているかもしれません。今現在の私の考えや演じ方、調べ得られた知識を綴った解説書です。「へー。こんなことを考えながら狂言をやっているんだ」と、さらっと思っていただければ幸いです。

目次 本文より

はじめに 4

其の一 千 鳥 9
其の二 縄 綯 25
其の三 蝸 牛 39
其の四 萩大名 53
其の五 福の神 65
其の六 鎌 腹 73
其の七 靭 猿 85
其の八 伯母ヶ酒 99
其の九 仏 師 109
其の十 蟹山伏 121

次代の狂言師—息子たちの肖像 133

其の十一 佐渡狐 141

能舞台解体新書 155

其の十二 口真似 165
其の十三 魚説経 177
其の十四 宗 論 189
其の十五 末広かり 203
其の十六 首 引 217
其の十七 居 杭 231
其の十八 茶 壺 245
其の十九 釣 狐 257

あとがき 278

著者紹介

茂山千五郎(シゲヤマセンゴロウ)(著/文)
1972年7月7日生まれ。五世千作の長男。現在『茂山狂言会』、弟茂との兄弟会『傳之会』、落語家桂よね吉との二人会『笑えない会』を主催し、幅広い年代層への狂言の魅力を伝えている。

 

レビュー

入力された顧客評価がありません
 

レビューを投稿する

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません