ログアウト
 
 
お知らせ
2020/07/27【予約開始】『西瓜とゲートル -オノレを失った男とオノレをつらぬいた女- 』

内容紹介
母の遺品の小さなメモ帳…。父に赤紙が届いた日から、東京が火の海になるその日までの走り書きのような日記。 その中にはもがくように必死に生き抜く母がいた。 一方、「よくぞご無事で」復員した父は、どこか「以前のオトーサン」ではなく、何かを南の島に忘れてきたようだった。 家族の記憶から新たに取材、調査も加え、ぜったいに書いておかなければならないと、著者がハラをくくって世に問う、新しい「戦争」ドキュメント!

桑原氏の個人誌「月あかり」連載の書籍化。


[書籍の詳細ページを見る]

アクセス : 42

【キャンペーン】『乱歩の日本語』刊行記念キャンペーン第2弾

お知らせ一覧