ログアウト
 
 
お知らせ
2021/10/05【販売開始】『旅する少年』

内容紹介
この「世界」の輪郭を確認したかった。
一九七三年、十二歳の少年は、熱に浮かされたように、日本全国への旅を始めた。 デゴイチ(D51)、シゴナナ(C57)などと呼ばれた、消えゆく蒸気機関車を追いかける旅の中で、少年は「忘れえぬ人びと」「忘れえぬ風景」と出会う。中学卒業までの四年間に繰り返した北海道や沖縄などへの旅を通して、少年の「世界」は広がっていく。 著者撮影の写真、当時の切符類なども多数掲載

「いま自分が立つ世界が、どこまで、どんなふうに続いているか。見知らぬ町や村で、どんな人たちが、何をして働き、食べ、暮らしているのか? 自分で出向いて、この「世界」の輪郭を確認したかった」(本書より)


▶詳細を見る

アクセス : 102

【予約開始】『スノーボードの誕生 なぜひとは横向きに滑るのか (春陽堂ライブラリー 5)』

お知らせ一覧