ログアウト
 
 

トップ > 著者名から選ぶ > か行 > 見えない傷

見えない傷

見えない傷

著者:北大路翼

本のサイズ:

発行日:2020/6/10

ISBN:978-4-394-99002-4

価格:1,980 円(税込)


  • 会員登録ですぐに5%OFF!お買い上げの履歴により最大10%OFF(予約商品を除く)
  • 1,500円以上のお買い上げは送料無料!
  • Amazon Payが利用可能(予約商品を除く)
カートに入れるかごに入れる

書籍について

昨年、NHKにて放映されたドキュメンタリー「ラストトーキョー“はぐれ者”たちの新宿・歌舞伎町」にもその活動が取り上げられた話題の俳人・北大路翼による三冊目の句集。
これまでの“アウトロー”とは異なる、加藤楸邨からの”本格派”の系譜。

「後ろ向きに見える句が増えたが、気持ちは前に向いてゐる。」

二〇一七年以降の作品から厳選収録した第三句集。
新宿の片隅から世の中を憂う

帯推薦文は、映画監督・白石和彌氏(「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」「孤狼の血」など)

目次 本文より

手触りが今年の髭になつてくる
アロハシャツ貰つた瞬間から似合ふ
ちよつとした仕草がすべて雪遊び
釣り銭が散らばつてゐる春炬燵
初夢の頰に残りし蹄跡
褞袍着て人生ゲームでも未婚

著者紹介

北大路 翼 (きたおおじ・つばさ)
1978年5月14日生まれ。神奈川県横浜市出身の俳人。小学5年生頃に種田山頭火を知り、自由律俳句をマネたモノを作り始める。反抗期に俳句がぴったりと同調。高校在学時、今井聖に出会い俳句誌「街」創刊と同時に入会。童貞喪失を経て詩誌「ERECTION」に参加。2011年、作家・石丸元章と出会い、屍派を結成。2012年、芸術公民館を現代美術家・会田誠から引き継ぎ、「砂の城」と改称。句集に『天使の涎』(邑書林)(第7回田中裕明賞受賞)『時の瘡蓋』(ふらんす堂)。編著に『新宿歌舞伎町俳句一家「屍派」アウトロー俳句』(河出書房新社)『生き抜くための俳句塾』(左右社)『半自伝的エッセイ 廃人』(春陽堂書店)など。

 

レビュー

入力された顧客評価がありません

この商品に興味がある人におすすめ

 

レビューを投稿する

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません