ログアウト
 
 

トップ > 著者名から選ぶ > た行 > 立元幸治 > 還って来た山頭火〜いま、私たちに何を語るのか

還って来た山頭火〜いま、私たちに何を語るのか

還って来た山頭火〜いま、私たちに何を語るのか

著者:立元幸治

本のサイズ:四六判

発行日:

ISBN:978-4-394-90376-5

価格:2,200 円(税込)


【予約商品】2020年9月下旬頃発売予定(発売時期は変更となる場合があります)

【予約商品についての注意点】 ■対応決済方法はクレジットカード決済、代引のみとなります。 ■各会員グループ割引が適用されません。 ■価格が変更となる場合があり、販売開始時の本体価格での決済となります。

  • 【キャンペーン】1回でのご購入金額¥5,000(税込)以上で『乱歩の日本語』クリアファイルをプレゼント!!
  • 会員登録ですぐに5%OFF!お買い上げの履歴により最大10%OFF(予約商品を除く)
  • 1,500円以上のお買い上げは送料無料!
  • Amazon Payが利用可能(予約商品を除く)
カートに入れるかごに入れる

電子版のご案内

商品について

【キャンペーン実施中】
『乱歩の日本語』刊行記念キャンペーン第2弾!!



◎当サイトで1回でのご購入金額が¥5,000(税込み)以上のお客様にもれなく『乱歩の日本語』クリアファイルをプレゼント!
 ※先着50名様
 ※無くなり次第終了となりますのでご了承ください。


 

目次 本文より

「『こころ』の出家ー中高年の心の危機に」(ちくま新書)、「誰がテレビをつまらなくしたのか」(PHP新書) などの多くの著作を持ち、テレビの教養番組の制作に長く携わった筆者による、新しい山頭火の案内書! 

人生にとって本当に必要なものとは何か、そして人生における本当の楽しみ、充足の人生とは何か、病や老いや死にどう向き合うのか、 本当の自分らしい自分の人生を生きるとはどういうことなのかなどの課題に向き合うときに読み直したい、山頭火の句や言葉を採録。戸惑いつつ生きる現代人への力強い応援歌!

著者紹介

立元幸治(タチモトコウジ)(著/文)
1960年九州大学卒業後、NHKに入局。主に教養番組の制作に携わり、チーフプロデューサー、部長、局長、審議委員を務める。NHK退職後、九州産業大学、東和大学などでメディア論、現代社会論の講義、研究に携わり、現在は執筆活動、講演活動を展開している。著書多数。

 

レビュー

入力された顧客評価がありません

この商品に興味がある人におすすめ

 

レビューを投稿する

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません